アクション

【アジョシ】男も惚れる!ウォンビンのかっこよさで2時間持つ【感想】

出典:映画.com

普段、「俳優がかっこいい」という理由だけで特定の映画を勧めることはないんですが、例外があります。

韓国の俳優、ウォンビンが主演する『アジョシ』です。

はい、かっこよすぎます。それはもう、「美しい」と言っていいほど

男のぼくがほれぼれとするぐらいですから、女性はたまらないのではないでしょうか。

「寡黙でミステリアスな男が、悪に奪われた少女を助けるために戦う」というシンプルな筋もウォンビンの俳優としての魅力を引き立てていていいんですよね。

韓国映画は残虐なものが多く、「アジョシ」にもそんなシーンはありますが、こちらは比較的に安心して見られる映画。韓国映画の入りとしてもお勧めです。

2010年度に公開された「アジョシ」は同年度に韓国国内で興行収入1位を記録。ウォンビンは「韓国のアカデミー賞」とも称される大鐘(テジョン)賞で主演男優賞を受賞しました。

面白いポイント

  • ウォンビンが超絶にかっこいい
  • シンプルな筋で見やすい
  • 悪役も魅力的
  • アクションシーンにキレがある

こんな人にお勧め

  • かっこいい男を見たい人
  • 韓国映画に興味がある人
  • シンプルで楽しめる映画を見たい人
  • アクションが好きな人

前半までのあらすじ

(動画は予告編です)

チャ・テシク(ウォンビン)は、質屋を営みながら細々と暮らしていた。

寡黙で陰のある男だが、アパートの隣室に住む少女、チョン・ソミ(キム・セロン)=下写真=は彼の優しい心根を見抜いたのか、「アジョシ」(おじさん)と呼んでなつき、一緒に食事をしたり、彼の家に泊まったりしていた。

出典:映画ナビ

そっけないテシクだが、無邪気なソミの笑顔を見るにつれて次第に心を開きつつあるように見えた。

そんなある日、ソミの母親が麻薬事件に巻き込まれて犯罪組織に拷問され、ソミも一緒に誘拐されてしまう。

時を同じくして、テシクはソミの母親が隠した麻薬を探そうとアパートを訪れた組織のメンバーに遭遇、ナイフを突きつけられるものの一瞬で相手から武器を奪い、別の巨漢の男を楽にねじ伏せる。

母子が誘拐されたことを知ったテシクは後を追うが、母子の交換を条件に麻薬の運び屋をやらされることになってしまう。

圧倒的な格闘技術を身につけるテシクは一体何者なのか。彼の過去に何があったのか。

テシク、犯罪組織、組織を追う警察の三者の動向が入り混じりながら物語は突き進んでいく―。

ウォンビンの簡単なプロフィール

「アジョシ」の魅力をかっさらっているウォンビンを簡単に紹介しましょう。

ウィキペディアによると、ウォンビンは1977年生まれの韓国の俳優で、身長は公称で178㎝。

日本では2003年ごろから始まった韓流ブームの立役者の一人と言われ、「韓流四天王」の一人として紹介されていたこともあったそうです(ちなみに他の3人はペ・ヨンジュン、イ・ビョンホン、チャン・ドンゴン)。

日本でも有名な『ブラザー・フッド』(2004)や、韓国を代表する映画監督のポン・ジュノが撮った『母なる証明』(2009)にも出演しています。

ウォンビンのかっこよさを画像で紹介

出典:映画.com
出典:映画.com
出典:映画.com
出典:映画.com
出典:映画.com
出典:映画.com
出典:映画.com
出典:映画.com

めちゃくちゃかっこよくないですか?

動画だとスタイルの良さやミステリアスな雰囲気が伝わりやすいので、さらにかっこよく見えます。

スタイリッシュなルックスと黒ずくめの服装、表情の変化に乏しい様から全体的に陰鬱な雰囲気が醸し出されていますが、緩くウェーブのかかった前髪からのぞく瞳がつぶら

「本当はいい奴なのでは?」と想像させるので、ウォンビンの目が配役にすごくマッチしているんですね。

そして、この映画のにくいところは、ウォンビンを2倍楽しめること。

上の画像を見てもらうとわかりますが、後半では短髪になっていますよね。

過去を引きずりながら生活を送るテシク。ソミを救うと決心し、生まれ変わったかのように闘志を燃やすテシク。

長髪から短髪への変化によって、見た目だけではなく内面の変わりようもよく表しているのです

この演出もいいですね。

物語の中で必然性がありますし、ルックスの違うイケメンを楽しめる鑑賞者へのサービスにもなっています。

悪役のキャラも立っている

悪役のキャラクターが立っていることも『アジョシ』の魅力の一つです。

出典:映画ナビ

犯罪組織のリーダー、マンソク兄弟の兄。一見するとさえないおっさんですが、平然と裏切り者の脳天を斧でかち割る冷徹さを持ちます。

出典:映画ナビ

マンソク兄弟の弟。チャラい女好きですが、こちらも兄と同様、自分たちが行う麻薬犯罪や臓器売買に何の罪悪感も持たない悪人です。

出典:映画ナビ
出典:映画ナビ

そして、悪役の中でも最も鮮烈な印象を残すのが、殺し屋のラム

ラムは無口な一匹狼。作中ほとんど話しません。

無表情で淡々と人を殺す殺人鬼ですが、ソミとの触れ合いからは、「あれ、単なる悪ではないのかも…?」とも思わせます。

ラムを演じるタナーヨング・ウォンタクーンはタイ人の俳優で、日本の実写版『ルパン三世』にも出演しているそうですが、彼もウォンビンと同様、「目」の演技がいいんですよね。

場面場面にちょっとした揺らぎがあるので、単なる殺人鬼に留まらない深みのあるキャラクターとして見ることができます。

そもそも男前ですし、善(テシク)と悪(ラム)のイケメンの対立を見られるのもこの映画のおいしいところでしょう。

アクションにキレがある

ウォンビンはアクションもキレッキレで、スリルと爽快感を味わえます。

肉弾戦、銃撃戦、ナイフバトルといったようにバラエティーに富んでいることも特徴で、飽きることなく楽しめます。

韓国映画はナイフや斧、包丁で人間を刺したり切ったりするシーンが本当によく出てくるんですがこれはなぜなんでしょうね。

韓国の歴史や文化、民族性が関係していそうな気がするんですが…。

まとめ

アジョシは楽しい映画です。

かっこいい男たちとバラエティーに富むアクションが見られる上、テンポも悪くないのでダレることもありません。

考え込まなくていい映画、安心して見られる映画、爽快感のある映画を見たい人はぜひ。